PRODUCT製品紹介

ペンタキープとは

ペンタキープは、植物の光合成を高める“5-アミノレブリン酸(5-ALA)”を世界で初めて配合した液体肥料です。
5-ALAは、植物や動物の体内にある大切なアミノ酸で、植物体内でクロロフィル(葉緑素)の元となる物質です。

5-アミノレブリン酸(5-ALA)とは -5-Aminolevulinic Acid(5-ALA)-

ALAとは5-Amino Levulinic Acid(5-アミノレブリン酸)の略称で、動植物の生体内に含まれるアミノ酸の一種。ALAは、身体を構成する基本的な物質であり、体内のあらゆる働きをサポートする重要な成分です。植物においては、エネルギー生産で非常に重要な役割を果たす葉緑素(クロロフィル)やヘム(補酵素)の原料となるアミノ酸です。

ペンタキープはここが凄い

成分が違う
5-ALAには、効果が確認された「効くアミノ酸」が含まれています。
作用する場所が違う
5-ALAを適量与えられた植物は、葉緑素が増えて光合成能力が高まり、植物自身が持つ力を引き出すように作用します。
扱いやすさが違う
高濃縮されているので容易に運搬、場所を取らずに保管ができます。簡単に所定倍率に希釈して茎葉散布、根圏施用のどちらにも施用可能です。

ペンタキープの特徴

POINT.1 光合成能力の増強

クロロフィル(葉緑素)が増えることにより、成長促進・収量向上・品質向上・なり疲れの軽減などの効果が得られます。

POINT.2 葉色の向上

クロロフィル(葉緑素)が増えるので葉の緑色が濃くなり光合成能力が高まります。

POINT.3 硝酸還元酵素の活性向上

ヘムが増加し硝酸還元能力が高まるので作物の生育に与える効果が促進されます。

POINT.4 幼苗の乾物率向上

苗の窒素肥料の過多や光量不足などによって起こる軟弱徒長を抑制し、丈夫な苗をつくります。

POINT.5 環境ストレス耐性向上

低温・低日照・乾燥・塩類障害などの不良環境に強くなるため、
栽培条件の悪いときほど大きな効果が現れます。
また、連作や多肥での塩類障害の圃場(土地)にも効果的です。

ペンタキープの作物への作用

ペンタキープの5-ALAでクロロフィルを増やす!

5-ALAはクロロフィルの前駆体として直接クロロフィルになるだけでなく、クロロフィルの合成をも制御しています。
また、5-ALAからクロロフィルになる場合マグネシウム(Mg)が必要になります。ペンタキープにはMgも配合しています。

光合成産物の転流促進

ペンタキープ施用で光合成能力向上

硝酸還元酵素の活性向上

植物の体内で硝酸(NO3 –)の還元を促進し、肥料の効果を高めます。

耐塩性・耐寒性の向上

5-ALAを施用すると、葉・根に多糖類(フルクタン等)が蓄積し浸透圧を上昇させます。

ペンタキープシリーズ

ペンタキープHyper5000

バランス型の肥料にアルギニンを加え不良環境時の窒素の代謝と5-アミノレブリン酸の効果を増強しました。

                       

ペンタキープLight1000

5−アミノレブリン酸とグルタミン酸をダブル配合しました。ALAのチカラで光合成を高めます。

ペンタキープフレンド

窒素の代謝と植物体内の5-ALAの働きを助けるコストパフォーマンスに優れた使いやすい液肥です。

ペンタキープフレンド

ペンタキープフレンドは植物による光合成と窒素の同化に着目して作られた液体複合肥料です。
光合成に必要なマグネシウム、窒素の同化に必要な鉄とグルタミン酸、金属成分の吸収とグルタミン酸の再生産に役立つクエン酸を加えることで光合成能力の向上と窒素代謝の促進による収量・品質向上が期待できます。
また、ALA入り肥料(各種ペンタキープシリーズ)と組み合わせると、光合成促進や窒素代謝の促進、ALAの再合成、ストレス耐性付与など多岐にわたるALAの効果をより速く、より確実に発現させることができます。さらに各種微量要素を豊富に含んでいるので、低日射による樹勢低下対策や旺盛な成長による一時的な微量要素不足にも対応できます。

【特徴】窒素の代謝と植物体内の5-ALAの働きを助けるコストパフォーマンスに優れた使いやすい液肥です。

対象作物

果樹・野菜・花卉類・食用作物・工芸作物等、下記の作物を含む多くの植物で効果が確認されています。
対象作物でご不明な点はお問い合わせください。詳しくは散布モデルをご覧ください!

葉茎菜類

アスパラガス、カリフラワー、レタス、コマツナ、チンゲンサイ 等

果菜類

イチゴ、オクラ、カボチャ、キュウリ、スイートコーン、スイカ、トマト、ナス 等

根菜類

ダイコン、タマネギ、ニンジン、サツマイモジャガイモ、ニンニク、コンニャク 等

作物・豆類

イネ(水稲)、インゲンマメ、エダマメ、エンドウマメ、ソラマメ、ダイズ、ムギ 等

果樹

リンゴ、オウトウ、カキ、カンキツ類、ブルーベリー、ニホンナシ、ブドウ 等

鉢花

シクラメン、シネラリア、パンジープリムラ、ベンジャミン、ラン 等

切り花

バラ、カーネーション、キク、スイートピートルコギキョウ 等

その他

シバ、タバコ 等

肥料登録

肥料取締法では、肥料の品質保全(品質保証、安全性)の必要性から公定規格が定められ、この規格に基づいて
登録を受けなければならないことになっています。

肥料取締法とは?

『肥料取締法は、肥料中の有効成分や有害成分に係わる品質を保全し、その公正な取引を確保するために
規格の公定・登録・検査等を行ない、農業生産力の維持増進に寄与するために制定された法律です。』
肥料取締法は昭和25年5月1日に制定されていますが、その後も社会情勢等の変化に対応すべく改訂を重ねています。

ペンタキープHyper5000…(生第 93701号)
ペンタキープLight1000…(生第 100393号)

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。