MODEL CASE
施用方法 / 施用事例

2019.04.25 野菜

ニンジンへの施用

概要

作物:人参(セリ科1年草)

施用目的

① 根の伸長・肥大が始まる頃から3回以上の継続施用
特に低温低日照などの不良環境で生育が停滞している時、光合成能力の維持向上を期待します。アミノ酸系液肥との併用で速やかな草勢の回復を期待できます。

② 収穫30日前まで継続施用
階級サイズの揃った秀品増加で収穫量向上を期待します。
茎葉は硬く締まり、立ちが良くなるので、収穫作業がし易くなります。

 


※ニンジンの生育過程と主な栽培管理に、ペンタキープ散布日を重ねています。
※試験圃場の生育過程とは異なる可能性があります。

施用方法

水で希釈して茎葉散布などで施用してください。施用間隔はおおむね7~10日間隔とします。10aあたりの施用量は下表を参考にしてください。
単用施用をお勧めします。特に農薬と混用施用する場合は、予め小面積の先発試験でお試しください。混用する農薬の薬害が助長される場合があります。
特に展着剤を含む混用の際にはご注意ください。

その他「ご使用の手引き」をよくお読みの上、正しくご使用ください。

生育(収穫前)に”期待されるALA効果”

・葉緑が良く、葉数が多く、葉軸がしっかり立つ。
・低温、低日照でも光合成能力を維持させる。
・吸肥力を落さず草勢の維持、追肥効果などの促進。
・生育の停滞、バラツキを少なくさせる。
・収穫遅れの回避を期待できる。特に低日照期の生育スピードを維持する。

※ご使用いただいた生産者様の声より

収穫(商品の仕上り)に”期待されるALA効果”

・秀品率の向上
根長、根径、根重など肥大が良くなる。
階級サイズの揃いが良くなる。

※ご使用いただいた生産者様の声より

実際に活用した事例を読む

ニンジンへの活用事例

事例概要

作物 :ニンジン(セリ科)
品種 :愛紅(あいこう)
場所 :千葉県

栽培概要

露地栽培(1条まき)
播種:7月29日
収穫:10月下旬

施用方法

ペンタキープSuper希釈倍率5000倍液をブームスプレイヤーで茎葉散布

施用日程

①9月23日
②10月8日
③10月17日

ユーザー様のご感想・結果

・葉色が良く。黄葉が少なかった。

・寒い日があっても生育が停滞することなく、しっかり生育が進んだ。


・軸がしっかりしているため、手で持っても折れない


・今年は、例年より10日ぐらい遅れていて11月収穫の予定が多い中、
ペンタキープを散布したところ10月下旬に収穫できた。

一覧へ戻る

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。