MODEL CASE
施用方法 / 施用事例

2019.04.25 野菜

ホウレンソウへの施用

概要

作物:ホウレンソウ

施用目的

本葉3枚目頃から7~10日間隔で、3回以上の継続施用
光合成能力の維持向上により根の動きを活性化させ吸肥力の向上、初期生育の向上、葉肉の厚みを期待します。
草勢の弱さが気になったら施用を始めてください。
特に、茎葉の伸長と枚数の増加が盛んになる本葉6~7枚程度までに、低温・低日照による生育の遅れの影響が見られる場合は、施用を継続することで葉緑と草勢の回復維持を期待します。併用するアミノ酸系液肥とのスムーズな相乗効果を期待します。

 


※ホウレンソウの生育過程とおもな栽培管理に、ペンタキープ散布日を重ねています。
※植物の特性上、種類、生育段階、生育状態、気象条件、肥培管理等により異なる可能性があります。

施用方法

水で希釈して茎葉が濡れる程度に茎葉散布などで施用してください。施用間隔はおおむね7~10日間隔とします。10aあたりの施用量は下表を参考にしてください。
pH8以上の他の液肥や用水と混合した場合、効果が低下します。
茎葉散布の場合は単用施用をお勧めします。農薬と混用施用する場合は、予め小面積の先発試験でお試しください。混用する農薬の薬害が助長される場合があります。
特に展着剤を含む混用の際にはご注意ください。

その他「ご使用の手引き」をよくお読みの上、正しくご使用ください。

生育(収穫前)に”期待されるALA効果”

・発根促進など根の活性化。
・葉緑の色づきが豊かになり、葉先枯れが軽減される。
・葉が立ち、厚みが出てくる。
・吸肥力を落さず草勢の維持、追肥効果などの促進。
・低温、低日照でも光合成能力を維持でき、陽葉にさせる。
・生育のバラツキを少なくさせる。

※ご使用いただいた生産者様の声より

収穫(商品の仕上り)に”期待されるALA効果”

・品質の向上
濃緑の厚い葉、しっかりした茎で重さがでる。
青苦さが少なく、食感の向上が期待できる。
・収穫時期を早める
特に厳寒期の生育スピードを速める(維持する)。

※ご使用いただいた生産者様の声より

実際に活用した事例を読む

人参への施用事例

事例概要

作物:ホウレンソウ(ヒユ科)
品種:挽抽サンホープ
場所:埼玉県

栽培概要

露地栽培
播種:5月9日
収穫:6月7日

施用方法

ペンタキープSuper希釈倍率5000倍液
ペンタキープフレンド希釈倍率2000倍液 を茎葉散布

施用日程

①5月15日
②5月25日
③6月1日

結果

・本圃での見た目の効果は見えにくかったが、収穫時、処理区は葉肉が厚い
のが確認できた。また、根が少し長く太いのが分かった。
・対照区に比べて処理区は1.5枚生育が進んでいる。
・17株合計の重量は処理区が50g増加した。

一覧へ戻る

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。