MODEL CASE
施用方法 / 施用事例

2019.05.16 穀物

コメへの施用

育苗での使用編

概要

作物:水稲(イネ科)

・まずは動画をチェック!

施用目的

浸種のタイミングで施用(5000倍希釈)
・徒長を抑えた、健康で均一な苗づくり
・苗の老化を抑え、余裕のある田植え計画を可能にします

種子の浸漬時にペンタキープ原液を5000倍希釈で投入します。
※浸漬時の水は3日に1度交換することをおすすめします(酸欠防止のため)。

本圃での使用編

概要

天候変化に対応しながら大粒増収!「登熟期の光合成を高める」方法とは?

https://agri.mynavi.jp/2020_06_01_109907/

「マイナビ農業 ペンタキープ」で検索ください。

 

 

 

一覧へ戻る

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。