MODEL CASE
施用方法 / 施用事例

2019.04.26 果樹

ブドウへの施用

モデル概要

作物 ブドウ(ブドウ科ブドウ属 つる性落葉果樹 液果類)
品種 ピオーネなど紫黒系 (開花後90日で熟期を迎える)

施用目的

①2回以上の連続施用 (展葉2~3枚、5~6枚)
葉柄が立った緑色豊な葉で、初期生育の促進を期待する。

②3回程度の継続施用
開花後の細胞分裂までに消費される前年貯蔵養分切れに備えてスムーズな
養分転換を促し、当年の光合成生産物による果粒の細胞分裂の活性維持を期待する。

③3~5回程度の継続施用
開花45日後の軟化期の始め(硬核期の終わり)からの施用で、
果粒の細胞肥大の維持促進、吸肥力の向上を期待する。
着色始めからの施用で、光合成能力の維持向上による窒素代謝の促進、
着色及び糖度改善などの果実仕上がりの向上を期待する

④3回以上の継続施用
収穫後の葉の光合成能力を維持させ、礼肥効果を向上させる。樹勢回復と翌年分の貯蔵養分蓄積の促進を期待する。

施用方法

希釈倍率3000~4000倍液を動噴などで10aあたり200Lを目安に茎葉散布してください。
おおむね7日間隔で施用してください。石灰/ボルドーとの混用施用はALA効果が低下します。
単用施用をお勧めします。また、農薬と混用施用する場合は、予め小面積の先発試験でお試しください。

生育(葉や樹体)に”期待されるALA効果”

・葉が緑色豊かになり、厚く丈夫になる。
・葉柄が立ち、葉がコンパクトになるので、棚下が明るくなる。
・思いがけない高温での葉焼けが少なくなる。
・翌春の生育改善。(力強い新梢の吹き出し。葉芽、花芽の充実。)

収穫(商品の仕上り)に”期待されるALA効果”

・果粒の品質向上、秀品の収穫量の向上。
ムラの少ない着色。
店持ちする玉張り。
軸枯れが少ない。
甘さや食感の向上。

実際に活用した事例を読む

ブドウへの施用事例

事例概要

作物:ブドウ(ブドウ科)
品種:ピオーネ
場所:山梨県

栽培概要

満開6月上旬
摘心 1回目:6月20日頃 2回目:8月4日頃
収穫開始 9月下旬

施用方法

ペンタキープSuper希釈倍率3000倍液をSSにて茎葉散布

施用日程

①5月17日
②5月27日
③6月18日
④6月27日

施用目的

葉色向上、着色向上

ユーザー様のご感想

・葉色は濃く、園地が明るい気がする。
・ピオーネは例年着色が心配されるが、今回ペンタキープを散布したことにより、色は濃く、しっかり着色した。

一覧へ戻る

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。