MODEL CASE
施用方法 / 施用事例

2019.04.25 野菜

ネギへの施用

モデル概要

作物:ネギ(ユリ科多年草 商品部位:茎葉)

施用目的

① 播種10日目頃から、希釈倍率2000倍で2~3回施用(ジョウロ潅水)
根量が多く徒長を抑えた健苗育成を期待します。

② 定植時に、希釈倍率2000倍で施用(ジョウロ潅水、根部浸漬)
定植苗の活着促進、発根促進、初期生育の促進と安定を期待します。
栄養液肥を混用することで、液肥の高い効果を期待できます。

③ 定植60日後から、希釈倍率5000倍で継続施用(茎葉散布)

軟白部の伸長期に10~14日間隔で継続施用します。
光合成能力と硝酸還元能力を高めて品質向上を期待できます。

施用方法

【ジョウロ潅水、根部浸漬の場合】
希釈倍率2000倍を施用してください。
【茎葉散布の場合】
希釈倍率5000倍液を10aあたり200L(投下量40ml程度)を茎葉散布して
ください。
単用施用をお勧めします。また、農薬と混用施用する場合は、予め
小面積の先発試験でお試しください。混用する農薬の薬害が助長され
る場合があります。特に展着剤を含む混用の際にはご注意ください。
その他「ご使用の手引き」をよくお読みの上、正しくご使用ください。

生育(収穫前)に”期待されるALA効果”

・葉色が豊かになる。
・葉先枯れが少なくなって、目立たなくなった。
・葉のボリュームが出て、広がってきた。
・葉の一枚一枚の立ちが良くて、倒れ難い。
・いつも生育の遅れる場所の生育遅れが目立たなかった。
・猛暑でも伸びが悪くならずに、草勢が良かった。
・分げつ数、葉鞘径、新鮮重、乾物重が増えた。
※ご使用いただいた生産者様の声より

収穫(商品の仕上り)に”期待されるALA効果”

・秀品率の向上
軟白部(葉しょう部)の肥大が良くなった。
太くて、重い商品になった(規格収量の増加)
・品質向上
甘くて、美味しいと言われた(硝酸還元の促進)
※ご使用いただいた生産者様の声より

実際に活用した事例を読む

ネギへの施用事例

 

事例概要

作物:ネギ(ネギ科)
品種:夏扇パワー
場所:埼玉県

栽培概要

露地栽培
定植:2月20日
収穫:7月30日

施用方法

ペンタキープSuper希釈倍率3000倍液
ペンタキープフレンド希釈倍率2000倍液 を茎葉散布

施用日程

①4月10日
②5月7日
③6月13日
④6月21日
⑤7月5日

■ユーザー様のご感想・結果

・葉が広がってきた。
・葉のボリュームが出た。
・圃場の端は生育が遅れる傾向にあったが、ペンタキープ処理によって
分けつ数、葉鞘径、新鮮重、乾物重が増え、遅れが解消された。
・処理区では、光合成が盛んに行われた結果、乾物重が特に増加し、葉鞘径が太くなった

一覧へ戻る

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。